背圧の理解

  • 3/22/2021
  • 15 読むべき分
    • m
    • D
    • m
    • c
    • A
    • +4

背圧は、メールボックスサーバーおよびエッジトランスポートサーバー上に存在するMicrosoft Exchange Transportサービスのシステムリソース監視機能です。 背圧は、ハードドライブの空き容量やメモリなどの重要なシステムリソースが過剰に使用されていることを検出し、サーバーが完全に圧倒されて使用できな たとえば、Exchangeサーバー上のシステムリソース使用率レベルが高すぎると判断されると、サーバーは新しいメッセージの受け入れを遅らせます。 リソース使用率が悪化すると、サーバーは既存のすべてのメッセージの処理のみを行うために新しいメッセージの受け入れを停止し、送信メッセージの処理を システムリソース使用率が許容レベルに戻ると、Exchangeサーバーは新しいメッセージを受け入れ、送信メッセージを処理することによって通常の操作を再開しま

監視対象リソース

以下のシステムリソースは背圧によって監視されます:

  • DatabaseUsedSpace:メッセージキューデータベースを保持するドライブのハードドライブの使用率。

  • PrivateBytes:EdgeTransportによって使用されるメモリ。exeプロセス。

  • QueueLength:送信キュー内のメッセージの数。

  • SystemMemory:他のすべてのプロセスで使用されるメモリ。

  • UsedDiskSpace:メッセージキューデータベーストランザクションログを保持するドライブのハードドライブ使用率。

  • UsedDiskSpace:コンテンツ変換に使用されるドライブのハードドライブの使用率。

  • UsedVersionBuckets:メモリ内に存在するコミットされていないメッセージキューデータベーストランザクションの数。

メールボックスサーバーまたはエッジトランスポートサーバー上の監視対象のシステムリソースごとに、次のレベルのリソース使用率または圧力が定義されます:

  • 低または通常:リソースが過度に使用されていません。 サーバーは新しい接続とメッセージを受け入れます。

  • 中:リソースがわずかに使いすぎています。 背圧は限られた方法でサーバーに適用されます。 組織の権限のあるドメイン内の送信者からのメールが流れることができます。 ただし、特定のリソースに応じて、サーバーはtarpittingを使用してサーバーの応答を遅延させたり、他のソースからのコマンドからの受信メールを拒否したりします。

  • 高:リソースがひどく使い過ぎています。 完全な背圧は応用である。 すべてのメッセージフローが停止し、サーバーはすべての新しい受信メールFROMコマンドを拒否します。

遷移レベルは、リソースの圧力が増加しているか減少しているかに応じて、低、中、高のリソース使用率の値を定義します。 通常、リソース使用率が低下すると、元のレベルよりも低いリソース使用率レベルが必要になります。 言い換えれば、低、中、高のリソース圧力に対する静的な値は実際にはありません。 リソース使用率レベルの次の変更を決定する前に、使用率が増加しているか減少しているかを知る必要があります。

以下のセクションでは、特定のリソースが圧力を受けている場合のExchangeの処理方法について説明します。

メッセージキューデータベース

リソースを保持するドライブのハードドライブ使用率: DatabaseUsedSpace

説明:メッセージキューデータベースを保持するドライブ上のすべてのファイルで消費されるドライブ領域の合計の割合を監視します。 メッセージキューデータベースファイルには未使用の領域が含まれているため、すべてのファイルで消費される合計ドライブ領域の正確な説明は、ドライブ

メッセージキューデータベースのデフォルトの場所を変更するには、キューデータベースの場所の変更を参照してください。

(%):

  • ロトメディウム: 96

  • ミディアムトハイ: 99

  • ハイトメディウム: 97

  • ミディアムトロウ: 94

コメント::

ハードドライブの使用率のデフォルトの高レベルは、次の式を使用して計算されます:

100 * (<>

この式は、メッセージキューデータベース

1GB=1024MBに未使用の領域があるという事実を考慮しています。 結果は最も近い整数に丸められます。たとえば、メッセージキューデータベースが1テラバイト(TB)ドライブ(1048576MB)にある場合、使用率の高レベルは100*(1048576-500)/1048576または99%になります。

計算式と丸め動作からわかるように、計算式が99%未満の高い使用率値を計算する前に、ハードドライブを非常に小さくする必要があります。 たとえば、98%の値で使用率が高い場合は、約25GB以下のハードドライブが必要です。

EdgeTransportで使用されるメモリ。exeプロセス

リソース:PrivateBytes

説明: EdgeTransportによって使用されるメモリの割合を監視します。Microsoft Exchange Transportサービスの一部であるexeプロセス。 これには、ページングファイル内の仮想メモリや、他のプロセスで使用されるメモリは含まれません。

(%):

  • ロトメディウム: 72

  • ミディアムトハイ: 75

  • ハイトメディウム: 73

  • ミディアムトロウ: 71

デフォルトでは、EdgeTransportによる高レベルのメモリ使用率。exeプロセスは、合計物理メモリの75パーセントまたは1テラバイトのいずれか小さい方です。 結果は常に最も近い整数に丸められます。

Exchangeは、EdgeTransportのメモリ使用率の履歴を保持します。exeプロセス。 履歴の深さと呼ばれる特定の数のポーリング間隔で使用率が低レベルに低下しない場合、Exchangeはリソース使用率が低レベルに戻るまで受信メッセージを拒否 既定では、EdgeTransportの履歴の深さです。exeメモリ使用率s30ポーリング間隔。

送信キュー内のメッセージ数

リソース:QueueLength

説明:送信キュー内のメッセージ数を監視します。 通常、メッセージは受信コネクタから送信キューに入ります。 詳細については、”メールフローとトランスポートパイプライン”を参照してください。 送信キューに多数のメッセージがある場合は、カテゴライザがメッセージの処理が困難であることを示します。

:

  • ロトメディウム: 9999

  • ミディアムトハイ: 15000

  • ハイトメディウム: 10000

  • ミディアムトロウ: 2000

送信キューが圧迫されている場合、Exchangeは受信メッセージの受信確認を遅らせることによって受信接続を抑制します。 Exchangeは、tarpittingによって受信メッセージの流れの速度を低下させ、SMTPメールFROMコマンドの送信側サーバーへの確認応答を遅延させます。 圧力状態が続くと、交換は徐々にタールピットの遅延を増加させる。 送信キューの使用率が低レベルに戻った後、Exchangeは確認応答の遅延を減らし、通常の操作に戻ります。 既定では、Exchangeは、送信キューの圧力の下でメッセージ確認を10秒間遅延させます。 リソースの負荷が続く場合、遅延は5秒単位で最大55秒まで増加します。

Exchangeは、送信キューの使用状況の履歴を保持します。 送信キューの使用率が履歴の深さと呼ばれる特定の数のポーリング間隔で低レベルに低下しない場合、Exchangeはtarpitting遅延を停止し、送信の使用率が低レベルに戻 既定では、送信キューの履歴の深さは300個のポーリング間隔です。

すべてのプロセスで使用されているメモリ

リソース:SystemMemory

説明:Exchangeサーバー上のすべてのプロセスで使用されているメモリの割合を監視します。 これには、ページングファイルに仮想メモリは含まれません。

(%):

  • ロトメディウム: 88

  • ミディアムトハイ: 94

  • ハイトメディウム: 89

  • ミディアムトロウ: 84

サーバーが高レベルのメモリ使用率に達すると、メッセージの脱水が発生します。 メッセージの脱水は、メモリにキャッシュされているキューに入れられたメッセージの不要な要素を削除します。 通常、完全なメッセージはメモリにキャッシュされ、パフォーマンスが向上します。 これらのキャッシュされたメッセージからMIMEコンテンツを削除すると、メッセージがメッセージキューデータベースから直接読み取られるようになったため、 既定では、メッセージの脱水が有効になっています。

メッセージキューデータベーストランザクションログを保持するドライブのハードドライブ使用率

Resource:UsedDiskSpace

説明:メッセージキューデータベーストランザクションログを保持するドライブ上のすべてのファイルが消費するドライブの合計容量の割合を監視します。 デフォルトの場所を変更するには、”キューデータベースの場所を変更する”を参照してください。

(%):

  • ロトメディウム: 89

  • ミディアムトハイ: 99

  • ハイトメディウム: 90

  • ミディアムトロウ: 80

コメント::

ハードドライブの使用率のデフォルトの高レベルは、次の式を使用して計算されます:

100 * (<ハードドライブのサイズ(MB)>-1152MB)/<ハードドライブのサイズ(MB)>

1 GB=1024MB。 結果は最も近い整数に丸められます。たとえば、キューデータベースが1テラバイト(TB)ドライブ(1048576MB)にある場合、使用率の高レベルは100*(1048576-1152)/1048576または99%になります。

計算式と丸め動作からわかるように、ハードドライブは、計算式が99%未満の高い使用率値を計算する前にかなり小さくする必要があります。 たとえば、98%の値で使用率が高い場合は、約56GB以下のハードドライブが必要です。

%ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.configアプリケーション構成ファイルには、デフォルト値384MBを持つD A T A Basecheckpointdepthmaxキーが含まれています。 このキーは、ハードドライブ上に存在するすべてのコミットされていないトランザクションログの合計許容サイズを制御します。 このキーの値は、使用率が高いことを計算する数式で使用されます。 この値をカスタマイズすると、数式は次のようになります:

100 * (<ハード・ドライブ・サイズ(MB)>-Min(5120MB,3*DatabaseCheckPointDepthMax))/<ハード・ドライブ・サイズ(MB)>

注:

D A T A Basecheckpointdepthmaxキーの値は、Exchangeサーバー上に存在するすべてのトランスポート関連のExtensible Storage Engine(ESE)データベースに適用されます。 メールボックスサーバーでは、これにはメッセージキューデータベースと送信者評価データベースが含まれます。 エッジトランスポートサーバーでは、これには、メッセージキューデータベース、送信者評価データベース、および接続フィルタエージェントで使用されるIPフィルタデータベー

コンテンツ変換に使用されるドライブのハードドライブ使用率

リソース:UsedDiskSpace

説明:コンテンツ変換に使用されるドライブ上のすべてのファイ フォルダーの既定の場所は%ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Tempで、%ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.configアプリケーション構成ファイルのTemporaryStoragePathキーによって制御されます。

(%):

  • ロトメディウム: 89

  • ミディアムトハイ: 99

  • ハイトメディウム: 90

  • ミディアムトロウ: 80

ハードドライブの使用率の既定の高レベルは、次の式を使用して計算されます:

100 * (<ハードドライブのサイズ(MB)>-500MB)/<ハードドライブのサイズ(MB)>

1 GB=1024MB。 結果は最も近い整数に丸められます。たとえば、メッセージキューデータベースが1テラバイト(TB)ドライブ(1048576MB)にある場合、使用率の高レベルは100*(1048576-500)/1048576または99%になります。

計算式と丸め動作からわかるように、計算式が99%未満の高い使用率値を計算する前に、ハードドライブを非常に小さくする必要があります。 たとえば、98%の値で使用率が高い場合は、約25GB以下のハードドライブが必要です。

メモリ内のコミットされていないメッセージキューデータベーストランザクションの数

リソース: UsedVersionBuckets

説明:メモリ内に存在するメッセージキューデータベースのコミットされていないトランザクションの数を監視します。

:

  • ロトメディウム: 999

  • ミディアムトハイ: 1500

  • ハイトメディウム: 1000

  • ミディアムトロウ: 800

コメント::

メッセージキューデータベースに加えられた変更のリストは、それらの変更がトランザクションログにコミットできるまでメモリに保持されます。 その後、リストはメッセージキューデータベース自体にコミットされます。 メモリに保持されるこれらの未処理のメッセージキューデータベーストランザクションは、バージョンバケットと呼ばれます。 予期せぬ大量の受信メッセージ、スパム攻撃、メッセージキューデータベースの整合性の問題、またはハードドライブのパフォーマンスのために、バージョンバケットの数が許容できないほど高いレベルに増加する可能性があります。

バージョンバケットが圧迫されている場合、Exchangeサーバーは受信メッセージの確認を遅らせることによって受信接続を調整します。 Exchangeは、tarpittingによって受信メッセージの流れの速度を低下させ、SMTPメールFROMコマンドの送信側サーバーへの確認応答を遅延させます。 資源の圧力状態が継続すると、exchangeはtarpitting遅延を徐々に増加させます。 リソース使用率が通常に戻った後、Exchangeは確認応答の遅延を徐々に減らし、通常の操作に戻ります。 既定では、Exchangeは、リソースの負荷がかかっているときにメッセージの確認を10秒間遅延します。 圧力が続く場合、遅延は5秒単位で最大55秒まで増加します。

バージョンバケットが高負荷になると、Exchangeサーバーも送信メッセージの処理を停止します。

Exchangeは、バージョンバケットのリソース使用率の履歴を保持します。 履歴の深さと呼ばれる特定の数のポーリング間隔でリソース使用率が低レベルに低下しない場合、Exchangeはタールピット遅延を停止し、リソース使用率が低レベ デフォルトでは、バージョンバケットの履歴の深さは10個のポーリング間隔になります。

リソースが圧迫されたときの背圧によるアクション

次の表は、監視対象リソースが圧迫されたときの背圧によるアクションをまとめたものです。

圧力を受けているリソース 使用率レベル 取られたアクション
DatabaseUsedSpace Medium Exchange以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。
ピックアップディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。
メッセージの再送信が一時停止されています。
シャドウ冗長性はメッセージを拒否します。 シャドウの冗長性の詳細については、”Exchange Serverでのシャドウの冗長性”を参照してください。
DatabaseUsedSpace High 中程度の使用率レベルで実行されたすべてのアクション。
他のExchangeサーバーからの受信メッセージを拒否します。
メールボックスサーバー上のMicrosoft Exchangeメールボックストランスポート送信サービスによるメールボックスデータベースからのメッセージ送信を拒否します。
PrivateBytes Medium Exchange以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。
ピックアップディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。
メッセージの再送信が一時停止されています。
シャドウ冗長性はメッセージを拒否します。
サーバーまたはトランスポートサービスの再起動(ブートスキャンとも呼ばれます)が一時停止された後のメッセージの処理。
メッセージを開始します。
PrivateBytes High 中程度の使用率レベルで実行されたすべてのアクション。
他のExchangeサーバーからの受信メッセージを拒否します。
メールボックスサーバー上のMicrosoft Exchangeメールボックストランスポート送信サービスによるメールボックスデータベースからのメッセージ送信を拒否します。
QueueLength Medium 受信メッセージの防水遅延を導入またはインクリメントします。 送信キューの履歴の深さ全体で通常のレベルに達しない場合は、次のアクションを実行します。
•Exchange以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。
*ピックアップディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。
*メッセージの再送信は一時停止しています。
•Shadow Redundancyはメッセージを拒否します。
QueueLength High 中程度の使用率レベルで実行されたすべてのアクション。
他のExchangeサーバーからの受信メッセージを拒否します。
メールボックスサーバー上のMicrosoft Exchangeメールボックストランスポート送信サービスによるメールボックスデータベースからのメッセージ送信を拒否します。
拡張DNSキャッシュをメモリからフラッシュします。
メッセージを開始します。
SystemMemory Medium メッセージの脱水を開始します。
SystemMemory High 中程度の使用率レベルで実行されたすべてのアクション。
UsedDiskSpace(メッセージキューデータベーストランザクションログ) Medium Exchange以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。
ピックアップディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。
メッセージの再送信が一時停止されています。
シャドウ冗長性はメッセージを拒否します。
UsedDiskSpace(メッセージキューデータベーストランザクションログ) 中程度の使用率レベルで実行されたすべてのアクション。
他のExchangeサーバーからの受信メッセージを拒否します。
メールボックスサーバー上のMicrosoft Exchangeメールボックストランスポート送信サービスによるメールボックスデータベースからのメッセージ送信を拒否します。
UsedDiskSpace(コンテンツ変換) Medium Exchange以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。
ピックアップディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。
UsedDiskSpace(コンテンツ変換) 中程度の使用率レベルで実行されたすべてのアクション。
他のExchangeサーバーからの受信メッセージを拒否します。
メールボックスサーバー上のMicrosoft Exchangeメールボックストランスポート送信サービスによるメールボックスデータベースからのメッセージ送信を拒否します。
UsedVersionBuckets Medium は、受信メッセージの防水遅延を導入またはインクリメントします。 バージョンバケット履歴の深さ全体で通常のレベルに達していない場合は、次の操作を実行します:
*Exchange以外のサーバーからの受信メッセージを拒否します。
*ピックアップディレクトリと再生ディレクトリからのメッセージ送信を拒否します。
UsedVersionBuckets High 中程度の使用率レベルで実行されたすべてのアクション。
他のExchangeサーバーからの受信メッセージを拒否します。
メールボックスサーバー上のMicrosoft Exchangeメールボックストランスポート送信サービスによるメールボックスデータベースからのメッセージ送信を拒否します。
送信メッセージの処理を停止します。
リモート配信が一時停止されています。

背圧リソースのしきい値と使用率レベルの表示

Exchange管理シェルでGet-ExchangeDiagnosticInfoコマンドレットを使用して、監視されているリソースと現在の使用率レベルを表示 オンプレミスのExchange組織でExchange管理シェルを開く方法については、”Exchange管理シェルを開く”を参照してください。

Exchangeサーバーの背圧の設定を表示するには、次のコマンドを実行します:

$bp=Get-ExchangeDiagnosticInfo -Process EdgeTransport -Component ResourceThrottling; $bp.Diagnostics.Components.ResourceThrottling.ResourceTracker.ResourceMeter

ローカルサーバー上の値を表示するには、Serverパラメーターを省略できます。

EdgeTransportの背圧構成設定。exe”を起動します。設定ファイル

背圧のすべての設定オプションは、%ExchangeInstallPath%Bin\EdgeTransport.exe.configXMLアプリケーション設定ファイルで実行されます。 ただし、デフォルトでは、ファイルにはほとんど設定が存在しません。

注意

これらの設定は、デフォルト値の参照としてのみ記載されています。 EdgeTransportの背圧設定を変更することは強くお勧めしません。exe”を起動します。設定ファイル。 これらの設定を変更すると、パフォーマンスが低下したり、データが失われたりする可能性があります。 発生する可能性のある背圧イベントの根本原因を調査して修正することをお勧めします。

一般的な背圧の設定

キー名 デフォルト値
ResourceMeteringInterval 00:00:02 (2 秒)

DatabaseUsedSpaceの設定

キー名 デフォルト値(%)
データベース使用スペース。LowToMedium 96
DatabaseUsedSpace.MediumToHigh 99
DatabaseUsedSpace.HighToMedium 97
DatabaseUsedSpace.MediumToLow 94

PrivateBytes settings

Key name Default value (%)
PrivateBytes.LowToMedium 72
PrivateBytes.MediumToHigh 75
PrivateBytes.ハイトメディウム 73
プライベートバイト…ミディアムトロウ 71
PrivateBytesHistoryDepth 30

QueueLengthの設定

キー名 デフォルト値
QueueLength。ロトメディウム 9999
QueueLength。ミディアムトハイ 15000
QueueLength。ハイトメディウム 10000
QueueLength。ミディアムトロウ 2000
300(10分後))

SystemMemoryの設定

キー名 デフォルト値(%)
SystemMemory。ロトメディウム 88
SystemMemory。ミディアムトハイ 94
SystemMemory。ハイトメディウム 89
SystemMemory。ミディアムトロウ 84

UsedDiskSpace設定(メッセージキューデータベーストランザクションログ)

キー名 デフォルト値(%)
使用済みディスクスペース。ロトメディウム 89
使用済みディスクスペース。ミディアムトハイ 99
使用済みディスクスペース。ハイトメディウム 90
使用済みディスクスペース。ミディアムトロウ 80

UsedDiskSpaceのみを含む値(たとえば、UsedDiskSpace.MediumToHigh)は、メッセージキューデータベースのトランザクションログおよびコンテンツ変換に適用されます。

UsedDiskSpace設定(コンテンツ変換)

キー名 デフォルト値(%)
使用済みディスクスペース。ロトメディウム 89
使用済みディスクスペース。ミディアムトハイ 99
使用済みディスクスペース。ハイトメディウム 90
使用済みディスクスペース。ミディアムトロウ 80
一時的な障害 %ExchangeInstallPath%TransportRoles\data\Temp

UsedVersionBuckets設定

キー名 デフォルト値
中古車買取のことなら、中古車買取のサイトです。ロトメディウム 999
中古車買取のことなら、中古車買取のサイトです。ミディアムトハイ 1500
中古車買取のことなら、中古車買取のサイトです。ハイトメディウム 1000
中古車買取のことなら、中古車買取のサイトです。ミディアムトロウ 800
VersionBucketsHistoryDepth 10

背圧ログ情報

次のリストでは、Exchangeの特定の背圧イベントによって生成されるイベントログエントリについて説明します:

  • リソース使用率レベルの増加のイベントログエントリ

    イベントの種類:エラー

    イベントソース:MSExchangeTransport

    イベントカテゴリ:リソースマネージャー

    イベントID:15004

    説明: リソースの圧力が<以前の使用レベル>から<現在の使用レベル>に上昇しました。

  • リソース使用率レベルが低下したイベントログエントリ

    イベントタイプ:情報

    イベントソース:MSExchangeTransport

    イベントカテゴリ:リソースマネージャー

    イベントID:15005

    説明:リソースの圧力が<以前の使用率レベル>から<現在の使用率レベルに減少しました。利用レベル>。

  • 非常に低い使用可能なディスク領域

    イベントの種類:エラー

    イベントソース:MSExchangeTransport

    イベントカテゴリ:リソースマネージャー

    イベントID:15006

    説明:使用可能なデ サービスが操作を続行するためにディスク領域を解放するには、管理操作が必要な場合があります。

  • 使用可能なメモリが非常に低いイベントログエントリ

    イベントタイプ: エラー

    イベントソース:MSExchangeTransport

    イベントカテゴリ:リソースマネージャー

    イベントID:15007

    説明:Microsoft Exchange Transportサービスは、構成されたしきい値よりも多くのメモリを消費し続 通常の操作を継続するには、このサービスの再起動が必要になる場合があります。

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。