NCコード/減少値-減少値Carolina

ノースカロライナ州減少値に関する法律:GS20-279.21

減少価値GSに関するノースカロライナ州の法令20-279.21

(d1)このような自動車賠償責任ポリシーは、請求のためのカバレッジの責任が紛争ではない場合、自動車への物的損害の量を決定する別の方法を提供 保険会社に対する自動車への物的損害の請求については、ポリシーは次の場合を提供するものとします:

(1)事故直前および事故直後の車両の公正市場価値の差について、請求者と保険者が同意しない; そして

(2)請求者と保険者の公正市場価値の減少の見積もりの差が、事故前の車両の公正市場小売価値の二千ドル($2,000)または二十から五パーセント(25%)を超えているか、保険コミッショナーによって承認された全国自動車販売協会価格ガイドブックまたはその他の出版物の最新版によって決定されたもののいずれか小さい方で、請求者または保険者の書面による要求に応じて、それぞれが有能であり、かつ、事故前の車両の公正市場小売価値のいずれか小さいものを選択しなければならない。無関心の鑑定人との他に通知します 鑑定人は要求の後の20日以内に選ばれました。 鑑定人は、その後、損失を評価しなければなりません。 鑑定士が同意しなかった場合、彼らはその後、審判員として機能するように有能で無関心の鑑定人を選択しなければなりません。 鑑定士が15日以内に審判に同意できない場合、請求者または保険会社のいずれかが、被保険者の自動車が登録されている郡または事故が発生した郡の治安判事の居住者が審判を選択するよう要求することができる。 鑑定人は、その後、審判員にその違いを提出しなければならない。 その後、審判員は損失額を決定する報告書を作成し、保険会社および請求者に報告書を提出しなければならない。 二人の鑑定人の合意または審判員の報告書は、保険会社および請求者に提出された場合、損害額を決定するものとします。 報告書を作成する際に、審判員は、鑑定人の決定よりも高いまたは低い損害を与えてはならない。 いかなる場合においても、鑑定人または審判員は、損害に対する責任またはポリシーが主張された請求の範囲を提供するかどうかについての決定を行 請求者または保険会社は、報告書の提出から15日以内に、報告書を拒否し、そのような拒否を相手方に通知するものとします。 報告書の提出から15日以内に報告書が拒否されない場合、報告書は請求者と保険会社の両方を拘束するものとします。 各鑑定人は、鑑定人を選択する当事者によって支払われなければならず、鑑定および審判員の費用は、当事者によって均等に支払われるものとする。 本項において、”鑑定人”および”審判員”とは、正規雇用の一環として、自動車の損傷の性質および量、および損傷および損傷していない自動車の公正市場価

ノースカロライナ州上院法案660S660V7

ノースカロライナ州議会

セッション2009

セッション法2009-440

上院法案660

財産を決定する代替方法を提供する行為

自動車自賠責保険の一部としての損害。

ノースカロライナ州議会は、

セクション1を制定する。 G.S.20-279.21は、読むために新しいサブセクションを追加することによって修正されます:

“§ 20-279.21. “自動車責任ポリシー”が定義されています。

(d1)このような自動車賠償責任ポリシーは、

の補償に対する責任が紛争になっていない場合に、自動車に対する物的損害の額を決定する別の方法を提

保険会社に対する自動車への物的損害の請求については、このポリシーは次の場合を提供するものとします。:

(1)事故直前および事故直後の車両の公正な市場

価値の違いについて、請求者と保険者が同意しないこと。

事故直後の車両の価値。

事故直後の車両の価値。

事故直後の車両の価値。

事故直後の車両の価値。

; 4956>

(2)公正市場価値における

減少の請求者と保険会社の見積もりの差は、事故前の車両の公正市場小売価値の二千ドル(2 2,000)または

二十から五パーセント(25%)

自動車販売業協会価格ガイドブックまたはその他の出版物

保険委員によって承認されたいずれか少ない方、請求者または保険会社の書面による要求

有能で無関心の鑑定人を選択し、要求後20日以内に選択された鑑定人

を他の鑑定人に通知します。 鑑定人はその後、損失を

に鑑定する。 鑑定人が同意しなかった場合、彼らは審判員として働くために

有能で無関心の鑑定人を選択しなければなりません。 鑑定士

が15日以内に審判に同意できない場合、請求者または

保険会社は、

被保険者自動車が登録されている郡または事故が発生した郡の奉行居住者

が審判を選択するよう要求することができる。 鑑定人は、その差異を

審判員に提出するものとします。 その後、審判員は、損失額

を決定する報告書を作成し、保険会社および請求者に報告書を提出しなければならない。 2人の鑑定人の合意書または審判員の報告書は、保険会社と請求者に提出された場合、損害額を決定するものとします。 報告書を作成する

において、審判員は、鑑定人の決定よりも高いまたは

よりも低い損害を与えてはならない。 鑑定士

または審判員は、損害賠償責任または

が主張された請求のカバレッジを提供するかどうかについての決定を行うものではありません。 請求者または

保険会社は、報告書の提出から15日以内に、報告書

を拒否し、そのような拒否を相手方に通知するものとします。 報告書の提出から15日以内に

が拒否されなかった場合、報告書は請求者と保険者の両方を

に拘束するものとします。 各鑑定人は、鑑定人を選択する当事者

によって支払われ、鑑定および審判の費用は、当事者によって均等に支払われるものとする。 本項において、”鑑定人”および

“審判員”とは、正規雇用

の一部として、モーター

車両損傷の性質および量、および損傷したモーターおよび損傷していないモーター

車両の公正な市場価値に関連して助言する事業に従事している者を意味する。

….”

ページ2セッション法2009-440SL2009-0440

セクション2. G.S.7A-292は、

“§7A-292″と読む新しいサブディビジョンを追加することによって修正されます。 治安判事の追加の権限。

この章では、民事

および刑事訴訟における治安判事に割り当てられた管轄権と権限に加えて、各治安判事には以下の追加権限があります:

(15) g.S.20-279.21(d1)に規定されているように、自動車責任方針の減少

の価値を決定するために審判員を任命する。”

セクション3。 この法律は2009年10月1日に発効し、その日以降に発行または更新された自動車

自賠責保険に適用されます。

総会で3回読み、これを8月3日に批准し、

Share

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。